返却手続きの流れついて

レンタカーの利用については、全国に店舗・支店がある主要な会社ならば、地元で車を借りて旅行先で車を返す、あるいは旅行先で車を借りて、地元で車を返すという利用ができます。
返却手続きについては、各会社によって必要事項が若干異なりますが、大手会社であれば大きく変わることはありません。どこの会社でも共通していることは、燃料満タンの状態で返却するということです(貸出し時、燃料満タンで貸出すため)。仮に燃料満タンで返せない場合は、走行距離に応じて所定の燃料代を支払う必要があります。その他の事項としては、例えばトヨタレンタリースの場合、カーナビのメモリ地点や履歴は消去する、到着時、店舗スタッフがキズの有無を確認する、超過時間分の請求をするといった事項があります。トヨタレンタリースの場合、ハイブリッド車とハイブリッド車以外で燃料生産が異なってきます。トヨタレンタリースでは、ハイブリッド車利用の場合、満タンで返す必要がない、「ハイブリッド燃費精算」をすすめています。これは、走行距離及び燃費実績から算出した燃料代を請求するもので、ディスプレイに表示される平均燃費を活用して燃費精算を行います。ハイブリッド燃費精算を利用すれば、満タンで返す際の手間が省け、エコドライブをするほど燃料代が得になります。

コメントは受け付けていません。