‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

返却手続きの流れついて

2014/07/14

レンタカーの利用については、全国に店舗・支店がある主要な会社ならば、地元で車を借りて旅行先で車を返す、あるいは旅行先で車を借りて、地元で車を返すという利用ができます。
返却手続きについては、各会社によって必要事項が若干異なりますが、大手会社であれば大きく変わることはありません。どこの会社でも共通していることは、燃料満タンの状態で返却するということです(貸出し時、燃料満タンで貸出すため)。仮に燃料満タンで返せない場合は、走行距離に応じて所定の燃料代を支払う必要があります。その他の事項としては、例えばトヨタレンタリースの場合、カーナビのメモリ地点や履歴は消去する、到着時、店舗スタッフがキズの有無を確認する、超過時間分の請求をするといった事項があります。トヨタレンタリースの場合、ハイブリッド車とハイブリッド車以外で燃料生産が異なってきます。トヨタレンタリースでは、ハイブリッド車利用の場合、満タンで返す必要がない、「ハイブリッド燃費精算」をすすめています。これは、走行距離及び燃費実績から算出した燃料代を請求するもので、ディスプレイに表示される平均燃費を活用して燃費精算を行います。ハイブリッド燃費精算を利用すれば、満タンで返す際の手間が省け、エコドライブをするほど燃料代が得になります。

使用中に注意したいこと

2014/07/14

レンタカーは時間や日数ごとに借りることができるので必要な時だけ利用ができる便利なものです。またレンタルの料金は車種ごとにも変わり、保険料も含まれているので安心です。しかし、借りている以上返却するまでには注意しなくてはならない点があります。
レンタルには料金には含まれないものもあり、燃料代は別に支払わなくてはなりません。返却する前に満タンにして返すことが前提となるので、営業所付近のガソリンスタンドを事前に確認しておいて迷うことなく時間内に返却できるよう時間に余裕を持つことも大切です。また、公共の駐車場を利用する場合には駐車料金がかかりますが、これももちろん実費になります。近年ガソリンスタンドでも安くレンタルが行われていますが、別に自分で支払う分を含めたトータルの予算を考える必要があります。
また、万が一事故に合ってしまった場合には、人命救助を優先したうえでレンタル会社に連絡を入れます。保険には加入していますが、車本体や対人対物に関しての保険のケースもあり、車を修理に出さなくてはならなくなった場合にはその分レンタル会社としても修理中に車を貸出することができず、レンタル会社への休業補償として別に請求される場合もあるので補償内容の確認も必要です。

かかる費用と乗り捨て料金について

2014/07/14

車を所有することは使っていなくても維持費がかかるものですが、レンタカーは時間や日数など使用したい分だけの費用を支払って借り、使った分だけのガソリンを入れて返却するシステムです。車種にも普段使いのセダンタイプや軽自動車、コンパクトカーなどから高級車やトラックなどもあり、用途に応じて利用ができます。自動車メーカーやディーラーが出資母体となっている会社や自動車関連事業者が運営する会社、またガソリンスタンドでも借りることができ、駅前や空港付近など利便性の良い場所に店舗が多くあります。
近年では、ワンウェイシステムと呼ばれる片道だけ使用して借りた店舗に返却せず別の系列店で乗り捨て返却をするシステムも多く利用されています。借りる会社によりシステムはそれぞれ異なりますが、乗り捨てを行いそこから借りた店舗までスタッフが運ぶ手間とガソリン代、高速料金などが加算された費用が別料金で必要になりますが、沖縄などの離島間を除き県内であれば返却無料のところもあります。一人暮らしの引っ越しにトラックを借りて引っ越し先の近くで返却が行われたり、列車と車、船などを組み合わせた旅行に組み合わせられたりといろいろなケースに利用されています。

予約手続きの流れについて

2014/07/14

旅行先での移動は慣れない場所だからこそレンタカーの利用がポイントです。
現地で使うための車を手配する方法は事前の予約をすることがスムーズに済みます。
これは旅行をする際に泊まる場所を決めること、移動手段を選ぶことと一緒に手続きを済ませておきたいものです。
まず、どの場所からどの場所まで車が必要になるかでどこで車を借りればいいかが決まります。
もし飛行機や新幹線などで移動するのが決まっているのならば必ず駅や空港の近くにお店が幾つもあるのでそこから乗り馴れている車を扱う会社を選ぶ方が良いでしょう。
チケットにセットでついている場合もありますが自分自身で予約をする際にはお店を選び、車種を選びます。
大きく分けると何人のれる車かで価格が変わります。
大きい車、大人数で使える車ほど価格は高くなります。
そこから、禁煙車か喫煙OKかを選び、お子様がいる場合は大抵チャイルドシートやベビーシートは無料でつけてくれます。
何日から何日まで借りるかも伝えますが返却時はガソリンを満タンにするというお店もあればキャンペーンなどでそのまま返すというケースもあります。
電話での申し込みの他、インターネットでの申し込みもあるので時間がない方はインターネットが便利です。

現地でレンタカーを利用しよう!

2014/07/14

車で行くことが難しい場所へ旅行に行った場合でも、現地でレンタカーを利用することによってドライブを楽しむことができます。運転が好きという方にはとても嬉しいことではないでしょうか。
例えば海外でも、日本人の方に人気のある観光地などでは、日本の大手旅行代理店の店舗などで車を借りることができます。様々な場所へ自分のペースで行くことができ、移動時間も楽しい時間を過ごすことができるでしょう。標準的にナビを搭載しているので、使い方に困らなければ、道に迷うことも無いはずです。
予約をせずに現地で借りることも可能ですが、旅行前に予約をしておけば安心です。それはなぜかと言えば、予約をしていない場合には、希望する車種が無いということもあり得るからです。そのため、あらかじめ予約をすることが、快適な移動をするためには必要になるでしょう。
支払いについては、海外ではその場でクレジットカードで払う場合が多いようです。日本の観光地では現金での支払いも可能です。海外では国際免許証が必要な地域がほとんどですので、忘れずに取得しておきましょう。しかし、ハワイなど不要な地域もありますので、事前にチェックをしておきましょう。また、交通ルールが日本と異なる場所では、安全運転を特に心がけましょう。

予約から下船までの流れについて

2014/07/14

遠い場所に旅行に行こうと考えた時、たまにはフェリーを使った旅行を企画してみてはいかがでしょうか。飛行機で行かなければいけないような遠い場所へ旅行へ行こうと思った時、頭を悩ませるのが現地での移動手段ですよね。飛行機代だけでも結構かかるのに、現地でのレンタカー代や宿泊費もかかりますから、大きな出費にもなります。そんな時、フェリーでの旅行でしたら、船の中での宿泊になるので、別途宿泊費がかかるわけでもありませんし、下船したら愛車でそのままドライブに出かけられるのです。フェリーというのは予約をしておかなければいけませんから、まずはどのような航路のフェリーがあるのかを調べなくてはいけません。行き先が決まったら部屋を選んで予約をしておきましょう。あとは乗船日を待つだけですからとっても手軽ですよね。愛車を使っての旅行なら観光地へ行くのも自由に回る事ができますし、レンタカー代もかかりませんし、電車の時間を調べたり重い荷物を持って歩く必要もありません。気にしなくてはいけないのはフェリーの出航時間だけですから、自由な旅が実現することでしょう。ちょっと長めの休みが取れた時には、思い切ってフェリーでの旅に出かけてみてはいかがですか。

乗船にかかる費用について

2014/07/14

車に乗って色々な所に向かって行く事は、どうしてこんなに楽しい事なのでしょうか。多くの方がこのような事を好んでいらっしゃいますが、特に若い方には多くいらっしゃる事でしょう。運転免許を早くから手に入れられた方、そして車を早くから購入された方なんかも、休日を利用して遠くに出掛けるような事をされるのではないでしょうか。
車がありますと本当にどこにでも出掛ける事ができるようになりますので、便利であると感じる事もできますし、またあまりにも便利すぎて不思議な感じもします。特にその車を船に乗せて離れた小島なんかに運ぶ事も可能となりますが、このような事をみなさんはご存知でしょうか。船と言いましても大きなフェリーにはなりますが、橋や海底トンネルを利用するだけではなく、フェリーに乗船して海を渡る事がなされたりします。
その際に気になる事は、やはり運賃に関する事でしょうか。この運賃は移動距離によって、そして車の大きさや種類によって大幅に変わってきます。フェリーに乗り込む際に必ず車検証を提示して、費用を決定する事となります。特にフェリーでの移動距離が多ければそれだけ高額になりますので、遠くへのドライブの際には注意が必要です。

フェリーとは

2014/07/14

フェリー とは、旅客や貨物、そして自動車等の車両を運搬できるようにした船と定義されています。
即ち、船で人と車を運べる交通機関と言っても良いでしょう。
車による長距離での旅や、日帰りで時間的にも制限のあるドライブでも効率的な旅にするには、車だけの移動手段が好ましいとは限りません。
場所により、港から遠く離れた場所までの移動手段として、各船会社によって便利な航路が運航されていたり、対岸の目的地に海を渡って時間を短縮できる場所も日本においても少なくありません。
車による旅もなかなか良いものですが、車ごと運べるフェリーを利用することにより旅に風情を感じさせることができるのではないでしょうか。
車だけでは見ることのできない海上からの景色を、潮の香とともに感じれば、また特別な思い出に残る旅にもなりますし、何よりその間ドライバーは休息をとることもでき、その後の快適な運転にもつながると言えます。
海上での移動が長距離の場合なら、広いスペースで睡眠もできますし、ゆっくり食事などもできます。
しかもその間は、目的地に向かって移動していますので、移動のスピードにこだわらなければ効率的な移動手段として利用する価値はあるのではないでしょうか。

フェリーを利用して愛車と海を渡ろう!

2014/07/14

長距離のドライブを運転するのはやはり疲れるものです。
行きはいろいろ期待しながら高揚感もあって頑張って走ることはできるかもしれませんが、帰りは疲れがどっと出てきます。
こまめに休憩して帰るのもいいですが、渋滞につかまってしまったりと余計に疲れてしまうこともあります。
このようなときに便利なの乗り物があります。それはフェリーなのです。これは車を船に乗せて海路を使用して目的地近くまで行くという方法です。
離島などではこのような手段となりますが、実は本土内でもいろいろ運行されていてとても便利なのです。
これはなんといってもゆっくりと旅を楽しめるというメリットがあります。長距離のフェリーなどは船内の施設もとても充実しているのです。
レストランやラウンジなどもあって快適に旅行することができます。
また部屋もいろいろあって大浴場がついているものもあり、とてもリラックスして行くことができるのです。
広い海を見ながら、朝日や夕日を楽しむこともできるのです。それだけではありません、ゆっくり時間をかけていくことになり、その空間や時間を楽しみながら、車の燃料はその間使う必要がないのです。とてもエコで省エネにもつながるのです。